整体師 適正

MENU

整体師として働くうえで適正はある?

整体師は人の身体に触れて、痛みなどを改善できるように試みる仕事です。

 

お客様の悩みが少しでも解消されれば、口コミでリピーターが増えて、仕事が増えるかもしれません。

 

そんな整体師として働いていくには、いくつかの適性があります。

 

適性を満たしていなくては働けないというわけではありませんが、向いていないかも・・・と悩むことになってしまう可能性もありますので、ある程度適性について知っておく事をおすすめします。

 

整体師として働く上での適性とは

整体師として働いていく上では、以下のような適性が必要とされています。

 

・体力があること
・実際に整体の効果を体験していること
・忍耐力があること
・勉強し続けることが出来ること
・人に喜んで欲しいという気持ちがあること

 

適性としてはこのような点が挙げられます。

 

体力があること

なぜ整体師に体力が必要なのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

整体師の仕事では、常に立ちっぱなしとなり、施術自体にも力が必要になります。

 

お客様は身体の不調をうったえて来院されているにも関わらず、整体師側の体力がないとなればどうしようもありません。

 

日頃から体力づくりを行っておく事が大切とも言えます。

 

実際に整体の効果を体験していること

実際に整体の効果を知っているということは、実はとても大切なのです。

 

知識だけはあっても、実際にどのように気持ちがいいのか、どのように身体が楽になるのかというのは、体験していなくては分かりません。

 

体験していなくては、お客様にこんな風に楽になりますよ!とお話することだって出来ません。

 

そういった意味でも、実際に整体の効果を体験していることはとても重要です。

 

忍耐力があること

整体院に就職した場合、お客様から指名していただいたりするようになるまで、かなりの時間が必要です。

 

もちろん初めは見習いとして働く事になりますので、給料も少ないですし、お客様に直接施術を行うという事もあまりありません。

 

こんなことならやめてしまおう!というように、簡単にやめてしまうような方には適性はないと言えます。

 

一人前の整体師として認められるまで、いかに乗り越えていけるのかという点で、忍耐力がある方に適性があると言えます。

 

勉強し続けることが出来ること

整体師になったから、もう勉強はしなくていいや!というような方には適性はありません。

 

整体院には、様々な不調を抱えて来院される方がおられます。

 

その方たちにベストな施術や、様々な分野の知識などがなくては、症状の改善は見込めません。

 

整体師として勉強し続けるということも大切になります。

 

人に喜んで欲しいという気持ちがあること

誰かに喜んで欲しいという気持ちがあるかどうかは、とても重要です。

 

「独立できる仕事なら何でもいい」「とりあえず給料がもらえればいい」「簡単に就職できる」というような考えで整体師になるという方には、適性はありません。

 

人の身体に触れて不調を改善していくというのは、お客様との信頼関係もとても大切になります。

 

裏でそのような気持ちが働いている方の場合には、いい施術を行う事は出来ませんし、お客様との信頼関係も築いて行けません。