整体師になるには 大学

MENU

整体師になるには|どんな大学に進学すればよい?

国家資格「柔道整復師」の取得が早道

「整体師の仕事を通して人々の健康維持に尽力し、社会に貢献したい」。

 

高校生のうちから整体師への志望がはっきりしているなら、一足飛びに、整体師に必要な専門知識と技術が学べる大学に進学してはいかがでしょうか。

 

ただし、民間資格である「整体師」は、大学では取得できません。

 

その代わり、国家資格「柔道整復師」の資格が取得可能となります。

 

柔道整復師は、現代医療に基づき、柔道整復術の手法を用いて、人々を健康に導く専門家ですから、資格を取得することによって、整体師に何よりも必要な人体構造などの基礎知識と技術が修得できます。

 

柔道整復師の資格取得が可能な大学は、いずれも市立で、4年制となっています。

 

代表的な大学を挙げましょう。

 

首都圏では、日本体育大学(東京/神奈川)・帝京平成大学(東京/千葉)、帝京医科大学(東京/他)・帝京大学(東京/他)、了徳寺大学(千葉)、関西圏では関西医療大学(大阪)、宝塚医療大学(兵庫)、中国地方では、環太平洋大学(岡山)、東亜大学(山口)などがあります。

 

日本体育大学では

このうち、日本体育大学の例をピックアップすると、柔道整復師の資格取得に対応する学部学科は「保健医療学部・整復医療学科」となっています。

 

修了すべきカリキュラムは、「解剖学」「生理学」「運動学」「病理学」「衛生学」「公衆衛生学」「福祉学」などの基礎系科目、「柔道整復理論」「柔道整復実技」に加えて「外科学」「リハビリテーション学」などの臨床系専門科目、関係法規を履修します。

 

学びの基本は柔道ですから、「柔道」の基本動作を学ぶ授業もあります。

 

卒業後の就職先は、医療機関やスポーツ業界、福祉関連施設への就職、整骨院・接骨院の開業など。

 

整体師を目指す人には、働きながら学ぶ人が少なくない中、大学進学によって早いスタートを伐り、学業に専念できることは、非常に恵まれているとも言えます。