整体師 資格 通信教育

MENU

整体師の資格|通信教育ではどんなことを学ぶ?

代表的な通信教育は?

代表的な2つのスクールと整体関連の資格取得が可能となる講座をご紹介しましょう。

 

1つ目は「キャリアカレッジジャパン」の『整体ボディケアセラピスト資格取得講座』です。

 

一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定する『整体ボティケアセラピスト資格』の取得が目指せます。

 

4ステップに分けられた学習内容から、整体の基礎知識を学びながら身体の歪みを正していく方法を身につけていきます。

 

「からだの仕組の基礎知識」を知る<ステップ1>に始まり、<ステップ2>「骨格の構造と神経の基礎知識」、<ステップ3>「上半身の症状別施術」、<ステップ4>「下半身の症状別施術」までを、テキストとDVDを用いて学んだ後、添削問題を提出します。

 

資格取得の要件は、規定の全カリキュラムの修了、及び、筆記試験(記述式)と実技試験への合格となっており、在宅受験が可能。合格基準は得点率70%以上となっています。

 

2つ目は「グローバルボディケア総合学院」の『整体スタンダード講座』です。

 

講座の特色は、中国の伝統療法である推拿(すいな)と経穴(けいけつ)学に基づき、自然治癒力を高め、身体のバランスを整える整体を学びます。

 

同学院にはさらに整体のプロを目指す講座も開講されていますが、こちらは基礎を固める入門的な内容となっています。

 

教材はテキストとDVD。標準的な学習期間である2カ月から6カ月の間に、「東洋医学基礎」や「経穴学」などの理論とともに「リラクゼーションプラクテック」「 ボディコンディショニング「美容整体」などの実技をマスターしていきます。

 

確認問題への正答をもって終了となり、下記の資格の認定証が発行されます。

 

取得可能な資格は同スクールより発行される『グローバルボディケア総合学院認定整体スタンダードセラピスト』、及び『一般社団法人 ITSA(国際セラピスト支援振興協会)認定整体スタンダードセラピスト』の2つとなっています。