整体師資格試験 難易度

MENU

「整体師資格試験」の難易度はどれくらい?

整体師として働くために、必須となる資格はありません。

 

国家資格などもなく、全ての資格が民間資格となっているため、資格の名称や種類には様々なものがあります。

 

整体師の資格と間違えられやすい国家資格として、柔道整復師・あん摩マッサージ師などがあります。

 

整体師は国家資格ではないということを、頭に入れておく必要があります。

 

民間資格である整体師の資格を取得するとなれば、その難易度はどのくらいになるのでしょうか。

 

整体師資格試験 難易度はどのくらい?

冒頭でご説明したとおり、整体師の資格には様々な種類があります。

 

・IHTA(一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会)認定・整体師リラクゼーションセラピスト

 

・JADP(一般財団法人 日本能力開発推進協会)認定・整体ボディケアセラピスト資格

 

・NPO法人日本セラピスト認定協会認定・整体セラピスト

 

整体師の資格にはこのようなものがあり、それぞれ難易度は異なります。

 

筆記試験のみであれば、知識を詰め込んだ場合にも合格できるかもしれません。

 

ですが、試験に実技が含まれている場合には、どのような項目の試験となるのかという点を把握しておかなくては、合格することが難しい場合もあります。

 

ただ、整体師の資格試験は全体的に易しいとも言われていますので、あまり構える必要もないと思います。

 

試験対策なら通信講座や通学講座がおすすめ!

通信講座や通学講座などで対策が行われていることが多く、それらを受講して勉強することはとてもおすすめです。

 

重要な点に絞って勉強できるほか、スケジュール管理もなされているため効率よく学ぶ事が出来ます。

 

通信講座であれば自分のペースで学ぶ事が出来ますし、周りのペースに惑わされる事もありません。

 

忙しいという方でも気軽に勉強を続けていく事が出来ますので、人気があります。

 

どの資格試験を受験するのかによって難易度は異なりますが、自分にあった勉強方法で無事に合格できるようにしたいですね。