整体師 資格 難易度

MENU

整体師の資格の難易度はどれくらい?

整体師の厳密な意味合い

一般に整体と呼ばれている行為には、整体だけでなくマッサージであったり鍼灸や整骨といった施術も含まれているということを理解していきましょう。ただ医療の専門家から見ていくと整体は、国家資格となっている鍼灸師などと同じではないと考えられています。

 

というのも民間資格として整体師は成り立っていますので、仕事範囲も全く別であるといわれています。

 

そんな中で整体師として仕事を可能とするために、様々な分野の資格を取得していくことになりますが、関連する資格で人気があるものはどのくらいの難易度となっているのでしょうか。

 

柔道整復師の難易度

整骨院や接骨院といった整体師が活動をする看板がある治療院では、柔整師という人もいます。整体師も業とすることができますが、そもそも接骨院は骨接ぎの場として提供されていたため、柔整師は接骨師という表現でいわれていました。

 

そんな中で現在は資格として柔道整復師というものが生まれ、整体師も柔道整復師として仕事をすることが増えてきました。

 

難易度を見ていくと柔道整復師はさほど高くありません。勉強をしっかりとしなければなることができず、大学もしくは専門学校にて専門的な知識や技術を積まなければなりません。

 

3年以上学び、国家試験に受験して合格をすることで免許を取得することになります。着実に勉強をしていくことによって、柔道整復師の国家試験に合格することができます。受験者の7割は合格をしていますので、知識を着実に積みましょう。

 

あん摩マッサージ指圧師の難易度

人気がある資格の一つにあん摩マッサージ指圧師というものがあります。こちらも整体師があん摩マッサージ指圧師として働けるようになっていますが、こちらも国家試験に合格しなければなりません。

 

難易度はこちらもさほど高くなく、筆記試験で医学的な知識を要求されます。生理学など合計12科目より出題されますが、正解率は6割程度となっています。そのため合格率も9割近くと高くなっています。