整体師になるには 費用

MENU

整体師になるには|費用はどれくらいかかる?

整体師を目指すには、一般的には大学/スクールへの通学が必要です。

 

ただし、整体師は民間資格ですから、大学進学の場合は、文部科学大臣または厚生労働大臣の指定する学校で国家資格「柔道整復師」の取得を目指すかたちとなります。

 

入学にあたって浮上してくるのは学費のことですね。

 

学費:日本体育大学のケース

代表的な例として、日本体育大学(東京都世田谷区)の保健医療学部・整復医療学科をご紹介しましょう。

 

学費は、1年次では189万8000円、2-3年次の合計では158万7千円、卒業年次では159万7千500円がかかりますから、卒業まで合計666万9500円がかかります。

 

この金額は、有名私立大の文系学部と同額で、理系や医療系学部の中では安価な部類に入ります。同じ柔道整復師を目指せる帝京科学大学でも、金額はほとんど変わりません。

 

専門学校のケース

首都圏の専門学校ではどうでしょうか。

 

日本体育大学の付属校で同じ世田谷区内にある「日体柔整専門学校」で柔整整復師を目指すことも可能です。3年制で、学費の総額は351万円と、4年制大学の半額近い金額でした。

 

他に、東京都内の専門学校では、「東京療術学院」(渋谷区)「YMCスクール」(新宿区、他)「ナショナル整体学院」(文京区、他)などがあります。

 

「東京療術学院」の『整体コース』の授業料は99万8600円(入学金を含む)で、取得可能な資格は『療術師』となっています。

 

「YMCスクール」の『整体師・リフレクソロジスト』講座は、整体・カイロプラクティック・リフレクソロジーを基本に整体師を養成する講座です。

 

学習時間は150時間、授業料は74万円で、目指せる資格は『IHTA認定 リラクゼーションセラピスト1級』『IHTA認定 メディカルトレーナー』となっています。

 

「ナショナル整体学院」の『整体科』では、卒業試験への合格によって、『整体師認定証』を受け取ることができます。

 

学習期間は最短で3カ月(500時間)からあり、授業料は48万円からとなっています。