整体師 苦労

MENU

整体師|仕事の苦労はどんな部分?

整体師の仕事は、不調を訴える方に対して施術を行い、笑顔になっていただくという素晴らしい仕事です。

 

ただ、どのような仕事でも同じことが言えますが、やりがいを感じながらも、辛いと感じてしまう部分があるのは確かです。

 

整体師の仕事の苦労がどのような部分にあるのかという点を知っておく事で、途中で仕事を辞めたくなることも減るのではないでしょうか。

 

そこで、整体師の仕事の苦労について、見ていきたいと思います。

 

整体師の仕事の苦労はどんな部分にあるの?

どんな仕事にも苦労はつき物!出来ればくじけたくないものです。

 

整体師の仕事には、以下のような苦労があると言われています。

 

・怪我をさせてしまうことがあるかもしれない
・セクハラだと訴えられてしまうこともあるかもしれない
・立ちっぱなしのため体力の消耗が激しい
・施術後に痛みが出てしまったらクレームが入るかもしれない
・ストレスがたまってしまう

 

整体師の苦労としては、このような点があるようです。

 

鍼灸師やあん摩マッサージ師、柔道整復師などは国家資格となりますが、それ以外の整体師は国家資格ではありません。

 

そのため、特別な資格なしに身体に触れているということになり、何かあればクレームを入れられてしまうこともあります。

 

怪我を負わせてしまった場合はもちろん大変なのですが、それ以外にセクハラだと訴えられる可能性もあります。

 

男性整体師ならではの苦労とも言えますが、術前にどのような部位に触れるのかという点はしっかり伝え、了承していただく事が大切です。

 

また、ずっと立ちっぱなしで仕事を行いますので、体力的に厳しいと感じている方もいらっしゃいます。

 

自分の体力がなくては、お客様にしっかりとした施術を行う事が出来ません。

 

また、クレームなどを恐れ、ストレスがたまってしまうという方も多いようです。

 

とはいえ、お客様が「楽になった」と笑顔になられたときには、とても大きなやりがいを感じる事が出来る素晴らしい仕事です。