IHTA リフレクソロジスト1級

MENU

IHTA認定「リフレクソロジスト1級」とは?

心身ともに健康に導く仕事

数ある整体関連の資格の中でも、『リフレクソロジスト1級』とは、IHTA(社団法人 国際ホリスティックセラピー協会)が認定証を発行する資格です。

 

資格を認定する国際ホリスティックセラピー協会は、欧米では代替医療として広く知られる“ホリスティック医学”の普及を目的とした団体で、ホリスティックとは、身体の上だけでなく、精神の深い部分から不調を改善し、人々を健康に導く、という考え方が根底にあります。

 

リフレクソロジストは、言うまでもなく、足の裏にある反射区を刺激することによって全身の新陳代謝を促し、さまざまな身体の不調を改善するための施術を行う人を指します。

 

『リフレクソロジスト1級』の資格取得者は、ホリスティックの考え方をベースに、施術を受ける人を癒し、健康にする役割を担っているのです。

 

認定スクールは?

『リフレクソロジスト1級』の認定を受けるためには、同協会の認定スクールにおいて毎月1回、実施される資格試験(検定)を受験し、合格することが必要です。

 

認定スクールは「YMCメディカルトレーナーズスクール」(東京都新宿区)で、資格取得のための講座「リフレクソロジー1級コース」は全国6都市の教室で開講されています。

 

期間は3カ月〜6カ月間、学習時間は合計79.5時間となります。

 

カリキュラムは7つの段階に分けられています。

 

共通学科である「解剖学」「生理学」「病理学」「心理学」「栄養学」「サービスマナー」「操体法」「O脚調整」「ストレッチ」の他、足に対する知識、リフレクソロジー基礎、実践ロールプレイング、リンパドレナージュまでを学び、最後に認定試験を受ける形です。

 

検定は毎月1回、協会の認定スクールにおいて、筆記試験と実技試験がそれぞれ1時間ずつ実施されています。

 

なお、筆記試験はスクールで受検しない人に限り、IDとパスワードによって、ウェブ受検も可能です。実技試験は、認定スクールのみで可能です。