IHTA リラクゼーションセラピスト1級

MENU

IHTA認定「リラクゼーションセラピスト1級」とは?

リラクゼーションとは何か

そもそもリラクゼーションというのは心身をリラックスさせていくことであり、心や体の休養や気晴らしそして緊張を緩和していくことを指しています。

 

整体師も資格を取得していきながら施術を行っていくことで、心身ともにリフレッシュさせていくことになりますが、そのためにも無資格でなくある程度の知識などを積んでいくためにリラクゼーション関連の資格を取得するべきです。

 

リラクゼーションというのは交感神経が興奮していくのを抑えていくことができたり、副交感神経の働きを優位に進めていってくれる状態になっています。そこで注目されている整体関連の資格としてリラクゼーションセラピストというのがあります。

 

リラクゼーションセラピスト1級はレベルが高い

リラクゼーションセラピストは一般的には2級を取得すれば、立派に仕事を行っていくことができるでしょう。収入などについても安心して貰って行くことができます。

 

リラクゼーションセラピスト1級というのは、同じ資格の2級よりも単に難易度が少しアップしたと思っていいでしょう。対策としては教本を購入した後しっかりと勉強していき、その後はリラクゼーションセラピスト1級の過去問を勉強していくと効率良くなっていきます。

 

選択問題が試験として出題されていきますが、実技試験などがありませんので、しっかりと知識を積んでいきましょう。

 

働きながら資格の取得も可能

専門学校や通信教育などでリラクゼーションセラピスト1級の取得を目指していくという方も少なくありませんが、どうしても働きながらと考えている人も安心することができます。リラクゼーションセラピスト1級は仕事をしていきながら、研修のプログラムに取り入れているところも多くなっています。

 

整体師として未経験となっていてもリラクゼーションセラピスト1級の取得を目指していくことができるでしょう。期間は数週間から半年近くという形になっています。無理なくリラクゼーションセラピスト1級を目指していきましょう。