整体師 年収

MENU

整体師の年収はどれくらい?

整体師のお給料はどのくらい?親元を離れて自活はできる?

 

新人整体師さんの一番の関心事を、ハローワークのサイトでチェックしてみました!

 

※場所は首都圏、応募者は20〜30代で、正社員希望、未経験だが整体スクールを卒業し資格あり、としています。

 

補助業務は200万円前後から

神奈川県湘南の整骨院では、“整骨業務補助スタッフ”を募集していました。

 

あいにく正社員ではありませんが、フルタイムで、9時から18時、13時から22時まで3つのローテーションとなっています。“正社員登用の途あり”との記載もありました。

 

基本給の17万3千円に技能手当と資格手当が加算されます。免許・資格、経験不問、電話応対や清掃も業務に含みますが、学歴は“整体学校等それに準ずる”となっていました。

 

埼玉県の駅ビルにあるリラクゼーションサロンでは、有資格者を条件に、正社員を募集していました。月給は15万円〜27万円で、新人さんは15万円です。

 

千葉県の老人福祉施設でも、正社員として有資格者を募集していました。基本給の13万5千円に手当がついて16万円。1カ月に20時間ほど残業があり、別途残業手当が支給されます。

 

ベテランで300万円〜

以上は新人さんでしたが、ベテランの整体師ではどうでしょうか?

 

経営側が期待するのは、彼女(彼)のお得意さんが新しくサロンのリピーターになることによる収益の増大です。

 

東京・白金台のサロンでは、正社員の月給は25万円(年収300万円)に個人の売り上げである歩合給が加わります。

 

一方、赤坂のサロンは、月給制ではなく完全歩合による業務委託制でした。

 

お店への貢献度が高くなれば年収500万以上も難くないそうですが、実績によっては、業務委託の打ち切りもあり得る厳しい世界です。

 

この他、個人事業主としての自宅開業は、それこそ“ピンからキリ”まで…。

 

実力だけでなく、働き方によっても、いちがいには言えないのが整体師の年収と言えます。