JADP 整体ボディケアセラピスト資格

MENU

JADP認定「整体ボディケアセラピスト資格」とは?

様々なシーンでニーズがある仕事

整体師というと、なかなか職場というのも限られてしまうと思われてしまいます。しかし資格などを取得していくことによって、整体師も活動の場を広げていくことができます。

 

そんな中でニーズが高まっている資格というのが整体ボディケアセラピスト資格というもので、様々な場所で仕事をすることができます。例えば整体サロンや整体治療院では体の矯正していったり、怪我を負ってしまった患者のリハビリを行うことができます。

 

これは全国各地にあるサロンでも活躍する機会があります。医療機関でも整体を取り入れていれば、整体ボディケアセラピスト資格を活かして仕事をすることもできますが、日常生活でも友人などに整体ボディケアセラピスト資格を活かして施術をすると喜ばれます。

 

整体ボディケアセラピスト資格を知る

この整体ボディケアセラピスト資格というのは勉強などをしていかなければ取得することができません。骨格であったり神経などの整体に関する知識や症状によって変わってくる施術方法を学んでいくことになります。

 

この内容をマスターすることで、一般財団法人であり日本能力開発推進協会が認定してもらうことができます。

 

整体に関する高度なスキルを持っていることを証明してくれますが、年々難易度もアップしています。

 

試験は筆記試験で随時実施されています。そして自宅で受験をすることができますが、7割以上正解することで合格することができます。

 

カリキュラムを踏んで学んでいく

資格を手に入れるために勉強していくことになりますが、様々なことを学んでいくことになります。人体の仕組みから仕事について理解をしていきます。そして骨格の構造や神経について学んでいくことで、どのように施術を行っていくかを理解することができます。

 

後半になるとセルフケアについても把握していきます。更年期障害から便秘の解消まで幅広く理解をすることになりますので、確実に知識に入れていきましょう。