整体師 仕事

MENU

整体師の仕事はどんなことをする?

主な仕事

全国各地で整骨院などを展開している整体師が行っている仕事というのは、患者の骨盤の歪みであったり筋肉の調整を行っていくことにより、痛みなどで悩ませている肩こりであったり腰痛などの症状を改善する仕事となります。

 

整体が基本となる仕事ですが、個人で経営しているクリニックなどと同じように、来院する患者さんに対する問診であったり検査を行っていくところはじまっていき、日常生活を送っていく際のアドバイスについても整体師が行っていきます。

 

単に資格を取得して整体のテクニックを提供していくだけでなく、患者とのコミュニケーションについても問われていく仕事となっていくことでしょう。

 

仕事の流れ

主だった整体師の仕事内容の流れとしては、まずカルテを記入したり患者のカウンセリング、そして整体を行う前の事前の検査となっていきます。

 

カルテの記入などについては、現在の患者が抱えている症状であったり、過去に患った病気などについて問診票へ記入してもらうように患者へ促していきます。

 

そこから施術について方針を決めていく際にカルテを使っていくことになりますので、患者へできるだけ詳細を書いてもらうようにしましょう。問診では問診票へ記載されている症状などについて患者と話していきます。

 

そして訴えている痛みであったり不調となっている原因について、整体師と一緒に確認を行っていきます。こうして方針を決めていきながら、いよいよ整体師が患者に対して施術を行っていくことになります。

 

検査をする際に注意すること

整体は骨盤や関節がゆがんでしまったり、筋肉の傷で体へ不調が出てしまうことがあります。そこを改善していくために入念に検査を進めていきます。

 

患者の痛みなどをケアしていくために、整体師はしっかりと確認をしていかなければなりません。その後施術を施していきますが、専門学校などで培った体に関する知識などを活かしていきながらケアを行っていきます。

 

様々な医学を学んでいきますので、改善策というのはすぐに見出していけるようにしなければなりません。