整体師 柔道整復師

MENU

「整体師」と「柔道整復師」の違いとは?

国家資格VS民間資格

柔道整復師と整体師の最も大きな違いは、前者は国家資格で、後者は民間資格であることです。

 

柔道整復師になるためには、指定された4年制大学か専門学校に3年以上通って卒業し、国家試験に合格しなくてはなりません。

 

一方、整体師は、資格を認定する整体関連の団体によって、“整体セラピスト”“整体師資格”などさまざまな名称がつけられた民間資格です。

 

専門学校の講座を受講することによって、早くて3カ月、長くても1〜2年ほどで資格の取得が可能となっています。

 

柔道整復師は“治療ができる”

柔道整復師と整体師の2つ目の違いは、柔道整復師は患部への治療ができること。

 

施術によって、ぎっくり腰や固まってしまった関節を改善するなど、整形外科治療の補完を行うことが許されていますから、特に整(接)骨院や鍼灸院、スポーツ系施設などが、有資格者に限って求人を出すケースは少なくありません。

 

一方、整体師は、痛みを持って訪れたお客さんの患部への治療はできません。

 

このように書くと、整体師の民間資格は何だか頼りないように見えますが、整体院やリラクゼーションサロンなどの現場では、仕事内容に大きな変わりはないのが実情です。

 

リラクゼーションサロンや整体院の求人をチェックしてみると、ほとんどのサロンが応募条件を“柔道整復師か整体関連の有資格者”としていることでもわかります。

 

“経験と実力”が優先される

整体スタッフの呼称では、リラクゼーションサロンは“ボディセラピスト”、整体院では“整体師”と、店の性格によって使い分けられていますが、それ以前に医療に関わる重大な仕事ですから、スクールでの学びと経験がものを言うことは、求人情報の記載からも読み取れます。

 

ただし、一部の例として、給与の差が見受けられることもあります。

 

整体師と比較すると柔道整復師の方が高額で、月額で1〜2万円ほどの差を設けているサロンもありました。