整体師 資格 種類

MENU

整体師|資格の種類にはどんなものがある?

整体師になるために必須となる資格はなく、国家資格があるわけでもありません。

 

無資格の状態でも整体師として今すぐ名乗ることは可能です。

 

ですが、無資格かつ未経験の方に施術を行って欲しいと思うお客様はいません。

 

お客様との信頼関係を築くことも一苦労ですし、自分の整体の技術にも、全く自信が持てないと思います。

 

そこで、専門学校に通ったり、講座を受講して資格を取得するというのが一般的となります。

 

資格を取得するといっても、整体師の資格は全て民間資格となるため、いくつもの資格が存在しています。

 

どのような資格の種類があるのかということについて、ご紹介していきたいと思います。

 

整体師資格の種類について

整体師の資格は全てが民間資格となっており、資格を認定している団体によって資格名称や試験などが異なります。

 

具体的にはどのような資格があるのでしょうか。

 

今回は、国家資格とされている資格も含めて、いくつかご紹介します。

 

国家資格となる整体関連の資格

・柔道整復師
・あん摩マッサージ師
・鍼灸師

 

民間資格となる整体関連の資格

・整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会)
・スポーツ整体師(NPO法人 日本セラピスト認定協会)
・整体ボディケアセラピスト資格(JADP一般財団法人 日本能力開発推進協会)
・整体師 リラクゼーションセラピスト(IHTA一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会)

 

このように、整体師と一言でいっても様々な資格が存在しています。

 

ただ、柔道整復師やあん摩マッサージ師、鍼灸師というような国家資格は、整体師に含まれない事があります。

 

民間資格には多くの資格があり、取得方法などもそれぞれの認定団体により異なります。

 

受験資格が特にないものもあれば、講座などを受講しなくてはならないものもありますので、事前に確認するようにしてくださいね。