療術師 資格

MENU

「療術師」資格とは?

療術師とは一体何か

療術師というのは様々な危惧などを利用しながら医療に類似した施術を行っていく職業と言われています。国家資格というものも特にはありませんが、様々な手法を活用していくことで施術を進めていく以上、関連する資格の取得は重要となっていきます。

 

整体師と酷似している状態で括られていることもあり、知識や手技を得ていきながら業務を進めていくことになるでしょう。日頃から専門学校や通信教育で学んでいくことが重要になっていきます。

 

様々な施術方法がある

数多くの手技などによって施術を進めていくと定義されている療術師ですが、主な施術方法は4種類あります。まずはカイロ手技療法というもので、これは背骨や骨盤といった骨格や、筋肉について施術を行っていきます。

 

アンバランスな状態となっている部位について、再度正しい状態へと調整していく施術を行うことで、治癒力を高めていくことができる療法となっています。

 

そして電気療法では高周波電流や超短波電流などを体に流していく治療法で、体内へ電流を流した時に発していく熱であったり電位の変化で神経細胞を刺激していきます。これで疲労回復や痛みなどの緩和を目指していくことができます。

 

光線療法では紫外線や可視光線などを利用して治療を行っていきますが、これは生理機能を整えることをしたり、解毒作用などを期待することができます。最後の温熱や刺激療法というのはその名の通り、皮膚へ熱や刺激を加えていくことによって、皮膚の周辺にある血液やリンパといった部分の循環が活発にさせていきます。

 

これらの治療法を駆使しながら、療術師は施術を行っているのです。

 

現在も整備が進んでいる

近年財団化をしたことによって、療術師だけで法制化をするというのは厳しくなっています。そして統合医療に取り込まれていく計画も進んでいるといわれています。

 

資格の取得を行いながら、療術師として総合医療へ組み込むことも検討してみてもいいでしょう。