整体師 独学

MENU

独学で整体師になれる?

整体師のスタートライン

“独学で世界的建築家になった”

 

“独学で司法試験に合格した”。

 

いわゆる著名人のサクセスストーリーで時たま聞かれる台詞です。

 

これほどまでのレベルでなくても、こと医療に関連する技術については、独学では、習得はおろか、仕事に就くためのスタートラインに立てないのが一般的です。

 

整体師も同様で、人間の身体の内部に起きている異変を理解し、身体に直接手を触れることによって問題を解決し、回復を図ろうとする仕事ですから、独学によってプロになるなどは考えにくいとするのが一般的です。

 

高校生が整体師を志望する場合、大学や専門学校への進学によって基礎知識からじっくり学ぶことができます。

 

その一方で、大人になってから整体を学ぼうとする人が少なくないのがこの世界です。

 

通信教育で資格取得

仕事を持つ大人が整体師を志すとどうなるのでしょうか。

 

時間のやりくりが難しく、専門学校に通うこともままならないなら、独学を考えるかもしれません。

 

独学のためのテキストやDVDなどの動画はたくさん出ていますが、系統だっての学習は自分では検討がつかないもの。モチベーションも下がります。

 

いっそカリキュラムが整理された通信教育を受講し、資格取得を目指してはいかがでしょうか?

 

テキストで知識を習得し、DVDで技術に触れ…。

 

通信教育によって人体の構造を理解し、医療用語に慣れるなど、知識や技術などのアウトラインを学ぶだけでも、整体師への道のりは少しずつ短縮されていくはずです。

 

もちろん、資格の取得・イコール・整体師デビュー、と言うわけにはいきません。

 

知識と技術をさらに実戦で身につけるためにも、また、施術を受けにくるお客さんへの接遇までもスムーズにできるようになるためにも、整体院へのインターンやアルバイトなどの経験を積まなくては、実践的な施術を行うことはできません。

 

たとえ道のりは長くなりそうでも、整体師になりたい、と心に決めたからには、まずは通信教育を受講して整体師の世界に触れてみることもよい機会ではないでしょうか。