整体 スポーツ整体

MENU

「整体」と「スポーツ整体」の違いとは?

整体には大きく分けて2種類あることをご存じですか?

 

異なる目的に応じて

1つは、一般的に知られるもので、肩こりや腰痛などの不調や運動不足、加齢による身体の歪みを矯正し、体調を改善するものです。

 

どちらかというと、慢性的な痛みからの解放を優先させる、リラクゼーションの割合が高い整体と言えます。

 

もう1つは、日常的にスポーツをする人々の骨や関節へのケアを行い、コンディションをよりよい状態に近づけるための整体です。

 

ジョギングが日課だったり、週末はテニスに打ち込む人はごく普通においでですよね。

 

また、一見、スポーツとは畑違いの芸術分野においても、ピアニストは打楽器奏者と変わらない運動量ですし、バレリーナの優雅な表現はスポーツ選手と同じように筋力に支えられています。

 

スポーツ整体とは、これらの人々のように身体全体を駆使する人々のための整体です。

 

これらの人々は、知らず知らずのうちに特定の筋肉に負荷をかけてしまうことが多く、ケガの頻度も少なくありませんから、コンディションなどの体調管理を含めた身体のケアはとても大切です。

 

整形外科から紹介されての施術

ご存じの通り、整形外科とは、外傷(ケガ)や関節の病気、腰痛やしびれ、神経痛などの診療を行い、身体の運動機能の改善に対する治療を行うところです。

 

ねんざや肉離れなどは整形外科の対応となりますが、通院だけで、1度傷めた部位の症状が改善されることはまれで、ドクターと整体師が連携し、改善に向けるケースは少なくありません。

 

整体師は、ドクターの治療ではカバーしきれない、問題を抱えた部位への的確かつきめ細やかな施術を行い、さらにお客さんに対し、ストレッチなど、日常的に行うセルフケアなども指導します。

 

スポーツ整体師を目指す場合、スクールも“スポーツ整体師の養成”を看板に掲げるところへの通学がベターですが、まずは知識を深めて技術を磨き、どちらも対応可能な整体師を目指してもよいのではないでしょうか。