整体師 セラピスト

MENU

「整体師」と「セラピスト」の違いとは?

整体師という仕事と似たような仕事として考えられることがある職業に、セラピストがあります。

 

ここで言うセラピストとは、リフレクソロジーやリンパドレナージュといったようなものです。

 

このセラピストと整体師、どのような点に違いがあるのでしょうか。

 

施術に関する違い

整体師は、骨盤の歪みの調整や、筋肉の調整などを行う事で、腰痛や肩こりといった症状の改善を試みる仕事です。

 

一方、セラピスト(リフレクソロジー・リンパドレナージュなど)は、主に足の裏の特定部位を刺激していくことで自然治癒力を引き出し、健康を維持していくという仕事です。

 

どちらも身体に触れて改善や維持などを図るという点では違いないように感じられますが、施術部分などが異なります。

 

整体師は骨盤の歪みなどに働きかけるのに対し、セラピストは主に足裏に働きかけます。

 

資格に関する違い

整体師とセラピストでは、取得する資格が異なります。

 

整体師とセラピストは、いずれの場合も国家資格などがなく、全てが民間資格となっています。また、仕事を行う上で必須とされている資格もありません。

 

そのため、整体師になりたい方がセラピストの資格を取得して仕事を行っても問題ないということになってしまいます。

 

ですが、セラピストの資格があるからといって、整体師の仕事を真似ることは難しいですし、逆も然りです。

 

必須とされる資格がなくても、それぞれの仕事に合った資格を取得するという点で、違いがあると言えます。

 

勤務場所の違い

勤務する先も、整体師とセラピストでは異なっています。

 

整体師は整体院などに就職することが多くなっていますが、セラピストはエステサロンやリフレクソロジー専門のサロンなどに就職することが多くなります。

 

仕事が違えば、それぞれの就職先も違って当たり前ということです。