整体師

MENU

どんな人が整体師に向いているの?

整体師として向いている人

全国各地に色々な整体院があり、そこでは数多くの整体師が仕事をしています。しかし一言で整体師といっても様々な業態があります。

 

例えば治療方法に直接骨へアプローチをかけつつ、しっかりと矯正していく整体師であったり、筋肉へアプローチしながら矯正していく整体師もいます。また筋肉や骨だけでなく経絡であったり、ツボ押しを中心に行っている整体師もいますが、大々的に施術を行っていくケースもあります。

 

いずれも取得していく資格で変化していきますが、業務に見合った知識や技術を積んでいくことが重要となっていきます。苦にすることなく勉強していき、整体師となって実践することが可能な方ほど、整体師に向いているといっていいでしょう。

 

治療法にこだわらない考え方

整体師というのは色々な施術方法を学んでいくことになります。そんな中で治療方法について一つの治療方法にこだわっていくことなく、色々と取り込んでいく人ほど整体師に向いているといっていいでしょう。

 

そもそも整体というのは民間資格を取得していくと、患者が信頼感を持って行くことができます。そのため専門学校であったりスクールなどで試験を受けながら修了証書をもらっていくことを、積極的に行っている人も整体師として大成していくことでしょう。

 

コミュニケーションも非常に大事

期間でいえば1年から2年程度、整体関連の専門学校やスクールへ通っていきますので、そこで治療法を学んでいきますが、講師陣とのコミュニケーションなども必要になっていきます。そこでも苦にならない人ほど、整体師として仕事をしていくことができるでしょう。

 

これは実際に業務でも大切なことであり、患者から様々な症状を聞き出していきながら、理想的な施術方法を見出していくことができるのです。生活習慣なども大きく影響しますので、的確なアドバイスも出来るようになります。