整体師 資格

MENU

働きながら整体師の資格は取得できる?

無資格では入れない整体の世界

整体関連の資格は、整体の仕事に就くためのとりあえずの第一歩で、最低限の知識は学んだことを証明するもの。資格なしには、整体の世界には入らせてもらえません。

 

整体師を目指すなら、スクールに入学して資格取得まで頑張りたいところですが、他に仕事を持っていると、通学を諦めざるを得ません。

 

学習のための時間が取れないけれど、整体師への夢を諦めたくない方におすすめは、通信講座の受講による資格取得です。

 

通信講座の「整体師コース」もある

一般社団法人 日本整体師認定協会付属整体学院・通信科「整体師コース」の例を挙げましょう。

 

通信講座のテキスト整体独習教本、DVDには、“こんな時に整体は役に立つ”などのわかりやすい入門編に始まり、整体法の解説、骨格・筋肉・内臓など人体の構造の基礎知識から、五行論や経路経穴論といった東洋医学の基礎、「伏臥位上半身の整体法」「股関節の変位」「症例別病理と整形外科的検査法」などといった整体法の具体的な技術が網羅されています。

 

さらに、インターネット上から通学科の学習内容である「整体教養学」も学ぶことができます。

 

第1章の「身体の歪み」から「整体原論」「自然治癒力と血流障害」など14章からなり、整体周辺のさまざまな知識が吸収できる内容となっています。

 

学習期間は1年間で、卒業試験は「自信がついたら受験してください」(同学院)とのことでした。受験は自宅でOKで、スクールに回答を郵送するかたちとなっています。

 

学科試験の内容は「解剖生理学」「東洋医学入門」「標準整体法」「整形外科的検査法」など。合格すると日本整体普及連盟が発行する『整体師認定証』を受け取ることができます。

 

実技は、動画を郵送し、一定の基準に達していると認められると、合格となります(ビデオ受験が不可能な場合は課題レポートを提出)。

 

都内東中野にあるスクールでは、合格後、整体師を仕事にするための相談にも乗ってくれるそうです。